市民の皆様の健康を守る地域医療のパートナー土浦市医師会

 

花粉症の最新治療について

2016年2月16日号
土浦市医師会 久松雄志(久松耳鼻咽喉科皮フ科医院)

 暦の上に春は立ちながら、厳しい寒さが続いております。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 2014年10月よりスギ花粉症の舌下免疫療法が保険適応となりました。免疫療法とはアレルギーの原因物質を少量から体内に投与して体を慣れさせる治療法です。
 今までは、皮下に注射をして免疫療法をしていたものを、舌下に薬を滴下することにより、注射よりも簡便に治療できるようになりました。
 この治療によりアレルギー症状を軽くしたり、アレルギー治療薬を減量できる可能性があります。
 しかしながら以下のような注意事項があります。

  • 極々稀ですが、ショックなどの重大な副作用が起こることがあります。
  • 毎日の服用が必要で、だいたい3~5年はかかります。
  • 全ての服用者に効果が期待できるわけではありません。
  • 市販薬ではないので、少なくとも月に1回の受診が必要です。
  • いつでも治療が開始できるわけではなく、スギ花粉の飛散時期は開始できません。他の時期に開始した方は、この時期も服用を続けます。
  • 薬を服用する前後2時間程度は、激しい運動、飲酒、入浴などは避けて下さい。
  • 他の薬剤を服用している方は、その薬剤の種類によっては免疫療法ができない場合もあります。
  • 年齢的な制限もあります。
  • また、効果があって終了した場合でも、その後効果が弱くなる事もあります。

 その他にも注意事項があるので、詳細は舌下免疫療法実施施設にご相談下さい。
 皆さまの症状軽減の一助となれば、幸いです。

〒300-0052 茨城県土浦市東真鍋町2-39
一般社団法人土浦市医師会 TEL:029-821-0849 FAX:029-823-8865
土浦市医師会附属准看護学院 TEL:029-824-2131

Copyright © 2017 土浦市医師会 All Rights Reserved.