市民の皆様の健康を守る地域医療のパートナー土浦市医師会

 

1か月健診までによく聞かれる質問について

2018年4月17日号
土浦市医師会 今村公俊(土浦協同病院)

赤ちゃんのお誕生おめでとうございます。期待と希望に胸が膨らむ一方、不安を覚えることもあると思います。今回はお誕生から1か月健診くらいまでに多く聞かれる質問にお答えします。
 ①鼻からズコズコ音がします。風邪ですか?
 新生児は鼻の穴やのどの空間が狭く、風邪でなくても音が出やすくなっています。飲みがよくお腹いっぱいに飲む子は特に目立ちます。飲んだときや寝てるときだけ音がして苦しそうな様子もなければ問題ないでしょう。常に音がしてたり、飲みがよくないなどの症状を伴うようであれば小児科を受診してください。
②顔や胸のブツブツが気になります。
 新生児期は皮脂過剰による湿疹が多くみられます。まず石鹸で洗ってください。お顔は目や口鼻に入らないよう指先で泡立てた石鹸をつけ、ガーゼにぬるま湯をつけて石鹸を落とすといいでしょう。皮脂不足の「乾燥肌」の場合、つまりさわってカサカサしている場合はローションやクリームで保湿するのもいいでしょう。
 赤みが強くなったりじくじくしてしまった場合は小児科や皮膚科を受診してください。
③家族から風呂上がりには白湯を飲ませなさいと言われました。必要ですか?
 必要はありません。母乳やミルクが最良の水分補給です。母乳は80%が水分なので充分水分補給になります。また、昔のミルクはたんぱく質や塩分が多すぎたのですが今のミルクは成分調整されていますので、ミルクも母乳と同様水分補給として有効です。
◎母子手帳(母子健康手帳)を活用してください!
 各月齢のページの空白に日々気づいたことや健診で聞きたいことなど書き留めてはいかがでしょう。健診のときの覚え書きにもなりますし、お子さんが大きくなったときにはプレゼントしてあげてください。それはお子さんへの愛情の記録であるとともに世界に一つしかない子育ての教科書でもあります。子育ては心配の連続ですが、幸せの連続でもあります。ぜひ子育てを楽しんでください。

〒300-0052 茨城県土浦市東真鍋町2-39
一般社団法人土浦市医師会 TEL:029-821-0849 FAX:029-823-8865
土浦市医師会附属准看護学院 TEL:029-824-2131

Copyright © 2018 土浦市医師会 All Rights Reserved.