市民の皆様の健康を守る地域医療のパートナー土浦市医師会

 

めまいを起こす病気について

 めまいは、からだの平衡感覚を保つ機能に障害が生じると起こります。めまいを訴える人の数は、厚労省の国民生活基礎調査で約240万人にのぼっています。
 めまいの症状はさまざまで、ぐるぐる回っているようなめまい(回転性めまい)、からだがふらふらする、船に揺られている感じ(浮動性めまい)、目の前が暗くなり気を失うこともある、頭から血の気が引く感じ(失神性めまい)などに分けられます。

 からだの平衡感覚をつかさどる器官は、内耳(三半規管、耳石)、前庭神経などの末梢器官と、脊髄、脳幹、小脳、視床、大脳皮質などの中枢器官に分けられ、前者の異常によるめまいを末梢性めまいと呼び、後者の異常によるめまいを中枢性めまいと呼びます。末梢性めまいは回転性めまいが多く、中枢性めまいは浮動性が多いといえますが、末梢性めまい=回転性めまい、中枢性めまい=浮動性めまいとは言えません。また、失神性めまいは、循環器系の異常(心不全、起立性低血圧、高血圧症、不整脈、血管迷走神経反射、貧血)などにより中枢器官の血流低下により起こります。
 末梢性めまいを起こす病気は、メニエール病、前庭神経炎、突発性難聴、聴神経腫瘍、薬剤性などのめまいなどがあります。

 中枢性めまいの原因としては、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、椎骨脳底動脈循環不全、良性発作性頭位変換性めまい、脊髄小脳変性症、脳腫瘍などがあります。
 めまいの診断で、重要となるのは、発症の仕方(突然か、徐々にか)、症状の持続時間、随伴症状(難聴、耳鳴りなどを伴うか)です。難聴や耳鳴りを伴う場合は、末梢性めまいの可能性が高いと言えます。

 めまいの治療で、緊急性があり命に関わる病気は、脳卒中や脳腫瘍など脳に関わる病気です。めまいが出た場合は、一度頭部MRI、頭部MRA、頚部MRAなどの検査をお勧めします。
 また、末梢性めまい、中枢性めまい、循環器系の異常による失神性めまい以外に、心因性めまいが挙げられます。心因性めまいは、めまい全体の約30%と言われており、以上の病気に当てはまらない場合、心因性めまいを考慮する必要があります。

〒300-0052 茨城県土浦市東真鍋町2-39
一般社団法人土浦市医師会 TEL:029-821-0849 FAX:029-823-8865
土浦市医師会附属准看護学院 TEL:029-824-2131

Copyright © 2017 土浦市医師会 All Rights Reserved.