救急診療
休日緊急診療
土浦市医師会では昭和48年4月から在宅当番医制による休日緊急診療を行っています。昭和51年4月からは歯科も加わり内科、小児科、外科、産婦人科、歯科の当番体制を作りましたが現在小児科はセンター方式(後述)で行っています。
夜間救急診療
昭和56年4月より夜間の医療不安解消のため内科と小児科の夜間救急診療所を開設しました。当初は土・日曜、祝祭日、盆、年末年始の診療でした。
休日緊急診療所
平成9年4月より小児科の休日診療が在宅当番制から保健センターでの診療に変更したため夜間救急診療所は休日緊急診療所に名称変更されました。平成20年10月より木・金曜の小児科夜間診療を開始しました。